MT4とMT5とは?XMではどっちのプラットフォームが使いやすい?

xm-mt4-mt5

XMでは口座開設の時にMT4とMT5のプラットフォームを選ぶことができます。

MT4を使っている人が多いということは知られていますが、特徴や機能を理解しないままなんとなくで選んでしまうのはもったいないです。

トレード手法や分析方法によって相性のいいプラットフォームを選んだ方が絶対に使いやすい快適な環境ができますよ!

このページで学べること
  • MT4とMT5の特徴や機能
  • 取引手法や分析方法に対する選び方
  • MT4とMT5のダウンロードと初期設定

全世界で主流のプラットフォーム

世界で主流のプラットフォーム

MT4やMT5はXMだけじゃなく、前世界で共通の主流プラットフォームです。

開発をしたのはロシアのMetaQuotes Software社で、世界中で開発されたテクニカル指標やEAが使えます。

その名の通りMT4が先に誕生し、その後MT5が新しい取引ツールとして仲間入りしていますが利用者は断然MT4の方が多くなっています。

Left Caption
いつ頃から使われているんだ?
Right Caption
MT4は2005年、MT5は2010年にリリースされたよ!

XMのような海外FX業者では最初から標準の取引ツールとしてMT4・MT5が用意されているので、日本のFX業者のように業者によって変わることがありません。

どちらもスマホやタブレット端末でも使えるようになっています。

MT4とMT5の特徴や機能を比較

XMのトレーダーだけじゃなくどの業者でも、特に初心者はMT4がいいのかMT5がいいのか迷ってしまう人が多いようです。

そこで違いが分かるように特徴や機能を比較してみました。

MT4 MT5
対応業者 全海外FX業者 一部の海外FX業者
動作 普通 サクサク・速い
メモリ消費 低いので低スペックPC可能 多いので高スペックPCが理想
時間足 9種類 21種類
インジケーター 多い 少しずつ増えている
EAの種類 多い 少しずつ増えている
アップデート 終了 頻繁に行われている

MT4は過去7回のアップデートがありましたが最近は動きがありません。

反対にMT5はすでに18回のアップデートが行われていて、これからもどんどん新しく進化してさらに使いやすくなっていくことが期待されています。

はっきりとどちらから優れていることが分かる項目の詳細を見ていきましょう!

動作のスピード

MT4とMT5では明らかにメモリ使用量が多いMT5の方が動作スピードが速いです。

だからこそMT5はハイスペックなPCが必要だと言われていますがよっぽど古くない限りはトラブルなく使うことができるので心配はいりません。

Left Caption
でもMT5でも遅い時があるんだよなぁ
Right Caption
インジケーターなどの設定によっては動作が重くなることがあるよ

MT5の動作が重たいと感じたら以下の方法を試してみると動作が改善する可能性があります。

他のアプリは閉じてメモリ使用量を減らす
不要な表示機能は閉じる
チャートバーの数を減らす
音声設定オフやニュース配信の停止

チャートバーは最初の設定では、ヒストリー内の最大バーが512,000、チャートの最大バーが65,000になっています。

動作スピードを速くするならどちらも2,000~2,500で設定するのが目安です。

時間足の設定

MT4でも取引に十分な時間足の設定ができるのですが、MT5は細かい設定まで可能です。

9種類しかないMT4に対し、MT5は21種類12種類も差があるので細かい設定が必要な取引をする人にはMT5の方が使いやすくなっています。

時間足の設定

分足と時間足の▶のマークから細かい時間の設定ができます。

チャート分析を主流にしているトレーダーはMT5にしかない時間足の設定を高い頻度で使用することになるので、使い勝手はかなりいいはずです。

MT4の時間足
1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・週足・月足

MT5の時間足
1分足・2分足3分足4分足・5分足・6分足10分足12分足・15分足・20分足・30分足・1時間足・2時間足3時間足・4時間足・6時間足8時間足12時間足・日足・週足・月足

これだけ種類に差があるのでMT5の方が有利には感じますが、多くのトレーダーがMT4のチャートを見て分析・取引をしているので無意味だという意見も少なくはありません。

インジケーター・EA

インジケーターやEAはMT5がリリースされた当初は圧倒的にMT4の方が種類が多かったですが、現在はほぼ変わらない状態で使用できるようになっています。

むしろ、MT5のインジケーターやEAの方がグレードアップされたものもあるので有利です。

インジケーター比較

最近ではMT5は最新のインジケーターがMT4よりも先に公開になることが多いので、以前のようにインジケーターならMT4!と圧倒的な差はなくなっています。

MT4とMT5で使えるインジケーターは以下の通りです。

表示 日本語 MT4 MT5
Moving Average 移動平均
Adaptive Moving Average 適応移動平均 ×
Variable Index Dynamic Average 可変インデックス動的平均 ×
Double Exponential Moving Average 二重指数移動平均 ×
Triple Exponential Moving Average 三重指数移動平均 ×
Fractal Adaptive Moving Average フラクタル適応型移動平均 ×
Average Directional Movement Index 平均方向性指数
Average Directional Movement Index Wilder 平均方向性指数ワイルダー ×
Bollinger Bands ボリンジャーバンド
Envelopes エンベロープ
Ichimoku Kinko Hyo 一目均衡表
Parabolic SAR パラボリックSAR
Standard Deviation 標準偏差
表示 日本語 MT4 MT5
Moving Average of Oscillator 移動平均オシレーター
Relative Strength Index RSI(相対力指数)
Relative Vigor Index RVI(相対活力指数)
Stochastic Oscillator ストキャスティクス
Momentum モメンタム
MACD マックディー
Triple Exponential Average 三重指数平均 ×
Williams’ Percent Range ウィリアムパーセントレンジ
Average True Range ATR(アベレージトゥルーレンジ)
Bears Power ベアパワー
Bulls Power ブルパワー
Chaikin Oscillator チャイキンオシレーター ×
Commodity Channel Index 商品チャンネル指数
DeMarker デマーカー
表示 日本語 MT4 MT5
Accumulation/Distribution 蓄積/配信(A/D)
Money Flow Index マネーフローインデックス
On Balance Volume オンバランス数量
Volumes 数量
Market Facilitation Indexマーケットファシリテーションインデックス〇〇
表示 日本語 MT4 MT5
Accelerator Oscillator ACオシレーター
Alligator アリゲーター
Awesome Oscillator オーサムオシレーター
Fractals フラクタル
Gator Oscillator ゲーターオシレーター
Left Caption
メジャーなインジケーターはどっちでも使えるんだな!
Right Caption
そうだね!圧倒的にMT5の勝ちということはないよ

EAに関しても同じです。MT5のEAの方がMT4よりも開発者数が多いので、開発スピードが速く公開が速いことにもつながっています。

MT4にはないのにMT5にはあるというものも多いです。

気配値とナビゲーターウィンドウ

比較するとMT4では通貨ペアリストとティックチャートしか項目がないのに、MT5には銘柄・詳細・プライスボード・ティックの4種類の項目が表示されています。

項目のちがい

詳細:高値・安値・直近価格
プライスボード:ワンクリック注文

プライスボードには銘柄に登録している通貨ペアのプライスボード一覧が表示されているので、取引したい通貨ペアをクリックするだけで注文ができる時短で簡単な機能です。

ナビゲーターウィンドウはMT4よりもMT5の方が整理されて表示されています。

ナビゲーターウィンドウ

表示させたいインジケーターが見つけにくかったり、EAを使う時に見にくいと取引効率が悪くなります。

MT5のようにきれいに整理整頓して項目が並べられていたら、すぐに欲しい情報・表示させたい情報を見つけ出すことが可能です。

EAのバックテスト

XMで自動売買をしようと思っている人にはMT5のバックテストがおすすめです。

MT5のバックテスト

MT5には最新のストラテジーテスターが搭載されているので、MT4でバックテストをするよりも精度が高くなっているからです。

自動売買の精度が高くなれば、勝率や利益率もアップさせることができるEAを選ぶことができるようになります。

バックテストに関しては以下の記事を参考にしてください。

MT4とMT5の選び方

人気がある方を、使っているトレーダーが多い方を選ぶならやっぱり2020年もMT4です。

人気の差

最近はまたMT4の人気が上昇中でMT5は下がりつつあるみたいですね!やっぱり人気があるのは今も昔もMT4のようです。

では特徴や機能を参考にするときの選び方をご紹介します。

MT4が合うトレーダー

MT4を選ぶべきトレーダーは以下に該当する人です。

★たくさんの種類の中からEAを選びたい
★慣れているインジケーターを使いたい
★基本的な機能が備わっていれば問題ない

MT4は初心者からプロトレーダーまで誰でも使える取引ツールなので、たった今XMで口座開設をしたという人でも安心です。

詳しいチャート分析が可能で、慣れた人なら自分でEAの作成をすることもできるようになっているので迷ったらまずはMT4を使ってみるというのもひとつの方法でしょう。

Right Caption
アップデートが終了しているので不満点があっても改善の見込みがないのがデメリットかな

MT5が合うトレーダー

MT5を選ぶべきトレーダーは以下に該当する人です。

★チャート分析を中心に取引をする
★板情報を見て投資の戦略を練りたい
★スキャルピングトレードをする
★裁量トレードをする
★MACユーザーである

MT5は動作スピードが速く、時間足の細かい設定ができたりバックテストが高性能であることが大きな特徴です。

なぜMACユーザーにMT5をすすめるのかというと、そもそもメタトレーダーはWindows用に開発されたものであり最新のMACになればなるほどMT4とは合わないと言われています。

Left Caption
最新の取引ツールのMT5なら対応できるんだな

XMのMT4/MT5のダウンロード方法

最後にXMでMT4・MT5をダウンロード・インストールするときのやり方をまとめておきます。

ダウンロードはパソコンにファイルなどをコピーすること、インストールはパソコンでダウンロードしたファイルなどが使用できる状態にすることです。

ダウンロード・インストールの流れ

MT4MT5のダウンロード

口座開設をするとXMからメールが送られてきます。そのメールの中の「XM取引プラットフォームをダウンロードする」をクリックしてください。

またはここからダウンロードすることも可能です。

ページを開いたらMT4をダウンロードするのか、MT5をダウンロードするのか、MACユーザーなのかでクリックする場所が変わるので注意してください。

選択画面

あとはクリックした先で赤いダウンロードのボタンをクリックすれば完了です。

ダウンロードが完了したら終わりではなく、次はインストールをしてMT4・MT5が使えるようにしなければいけません。

インストール

ダウンロードが完了したらパソコンの画面の左下にファイルの名前が出ているので、クリックしてください。

XMのMT4・MT5をインストールする準備の画面が表示されます。同意書に同意したら次へをクリックするだけでインストールが開始されます。

インストールが終わったらログインをすれば取引開始が可能です。

XMのMT4とMT5のまとめ

結果、XMで使うならこっちがいいというようなものはありません。

MT4にもMT5にもそれぞれの強みや弱みがあるので、自分の取引手法や分析方法から最適な環境になる方を選ぶことをおすすめしています。

MT4はアップデートが終了し、メタクオーツ社の公式サイトからダウンロードできなくなっていることからこの先なくなる可能性があるという噂もあるようです。

Right Caption
圧倒的シェアから考えて可能性は低いから心配はないよ!

XMでは複数口座を開設することができるので、迷ったらどちらも実際に使ってみて判断するのもひとつの方法です。

海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!