【当サイト限定】最大10,000円GETできる!

FX初心者必見!XMスタンダード口座の特徴や取引ツール、メリットを徹底解説!

XMのスタンダード口座

「XMのスタンダード口座ってどうなの?」
「自分に合った口座タイプがわからない」
「XMのスタンダード口座のスプレッドは狭い?」

こんな悩みにお答えしていきます。

XMのスタンダード口座は、初心者から上級者まで、あらゆる層の全トレーダーに愛される口座タイプです。

しかし、スタンダード口座にはどんな魅力があるのか、利点を理解せずにトレードを始めるのはリスクがあります。

そこで今回は、XMスタンダード口座の特徴を徹底解説します!

  • XMのスタンダード口座の特徴
  • XMのスタンダード口座のスプレッドについて
  • XMのスタンダード口座のロット数について

XMスタンダード口座を使おうか迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

XMのトリセツでは、XM(XMTrading)社のキャッシュバックキャンペーンを行っています(キャッシュバックキャンペーンに参加する)すでにXMの口座をお持ちの方でも、XMのトリセツから追加口座で10LOTの取引が完了すれば全員に10,000円のキャッシュバック!!XMでのお取引がお得になるキャッシュバックキャンペーンをぜひご利用ください!

\ 海外FX最大手で安心 /

目次

XMのスタンダード口座の特徴

早速、XMのスタンダード口座の特徴を6つ紹介します。豊富な取引銘柄と、高いメリットを併せ持つXMスタンダード口座は、その特徴に魅力が満載です。

具体的に、以下の7項目について紹介していきます。

  1. 圧倒的ハイレバレッジと豪華ボーナス
  2. XMスタンダード口座のロット数の柔軟性
  3. XMスタンダード口座の豊富な通貨ペアとCFD取引
  4. XMスタンダード口座におけるスプレッドの低さ
  5. XMスタンダード口座の無料のデモ口座
  6. XMスタンダード口座のデモ口座の活用法
  7. XMスタンダード口座の自動売買の活用方法

上記の7つの特徴を抑えてお得に取引していきましょう。

1.圧倒的ハイレバレッジと豪華ボーナス

XMのスタンダード口座では、最大レバレッジ1,000倍で取引ができるメリットがあります。

XMのスタンダード口座で1ロットをエントリーする場合、10万通貨(=10万ドル)相当です。(※ロット数とは、取引量の単位を指す言葉)

国内FXでは金融庁のレバレッジ規制により、最大レバレッジは25倍と定められていますが、海外FXはレバレッジの制限がないため、ハイレバレッジで取引することも可能です。

XMの最大レバレッジ1,000倍を利用すれば、少額の資金でも大きな取引ができるようになるので、リターンも大きくなることが期待できます。

しかし、ハイレバレッジを使う場合はリスクも伴いますので、ちゃんと知った上でレバレッジを使うようにしてください。

XMのレバレッジについて詳しく知りたい方は、関連記事「XMの最大レバレッジは1,000倍!規制・制限・計算方法とおすすめ手法!」にて詳しく解説しています。

レバレッジの規則や制限なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

豪華ボーナス

そして、ボーナス活用もXMスタンダードの魅力です。

全口座タイプに適用される13,000円(期間によりボーナス額は変わります)の新規口座開設ボーナスに加え、スタンダード口座とマイクロ口座限定で、入金ボーナスも最大額まで利用可能です。

これにより、総額$10,000ドル(相当額)以上のボーナスをゲットするチャンスが広がります。

最初の$500ドル(相当額)までの入金には100%のボーナスが適用され、さらに$10,000ドル(相当額)までの入金には20%のボーナスがプラスされるのです。

つまり、$500ドル入金すれば証拠金が2倍になり、$1,000ドル入金すると、驚愕の$600ドルのボーナスが付与されます。

これにより、$1,600ドルの証拠金をもって、取引をスタートできるのです!

この絶好の機会をお見逃しなく、XMで大きな利益を手に入れましょう。

2.XMスタンダード口座のロット数の柔軟性

XMのスタンダード口座は、投資家が自分に合った取引スタイルを実現するために必要な柔軟性を提供します。

ロット数に柔軟性があるため、初心者から上級者まで、様々なレベルの投資家が、自分たちが望むリスクレベルで取引を行うことができます。

さらに、XMのスタンダード口座は、多様な市場条件に対応できるように設計されています。

したがって、投資家は、市場がどのような状況にあっても、自分たちの取引スタイルに応じて、柔軟かつ効果的なトレードを行うことができます。

最小取引単位のメリット

最小取引単位が0.01ロットから始められることで、初心者でも少額の資金で取引ができるため、リスクを抑えながらFXに挑戦できます。

また、初心者向けの教育コンテンツが豊富に揃っているため、取引の基礎知識の習得から高度なテクニカル分析まで学ぶことができます。

さらに、各種チャートやテクニカル指標が無料で使えるため、トレンドの確認やエントリーポイントの特定にも役立てることができます。

FXは、初心者でも安心して取引を始めることができる魅力的な投資商品です。

XMの初心者向けの教育コンテンツを知りたい方は、関連記事「XMウェビナーってなに?FXのやり方を完全無料で受講する方法と体験談を公開」で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

最大取引単位のメリット

最大取引単位は、通貨ペアによって異なり、XMでは最大50ロットまで取引が可能です。

しかし、重要なことは、取引量が多ければ多いほど、リスクも高くなることです。

そのため、大口の取引を行う場合には、リスク管理の重要性を理解することが必要です。

XMは、スタンダード口座を提供しており、大口の取引を行いたい経験者にとっても、十分な取引環境を提供しています。

スタンダード口座は、低いスプレッド、ノーリミットのポジションサイズ、そして取引に必要な最低証拠金額が低いことが特徴です。

また、XMでは様々なツールやリソースを提供しており、トレーダーが取引に必要なスキルを磨くことができるようになっています。

さらに、XMは顧客満足度に非常に力を入れており、24時間365日のサポートを提供しています。

トレーダーが何か問題があった場合には、迅速に対応することができるため、安心して取引を行うことができます。

3. XMスタンダード口座の豊富な通貨ペアとCFD取引

XMのスタンダード口座には、資金を増やすための多様な取引が用意されています。

取引銘柄銘柄数取引銘柄の例
FX通貨ペア55銘柄USD/JPY(米ドル円)、EUR/USD(ユーロドル)、GBP/JPY(ポンド円)など
貴金属CFD4銘柄XAU/USD(ゴールド)、XAG/USD(シルバー)、XPD/USD(パラジウム)、XPT/USD(プラチナ)
株価指数CFD24銘柄NIKKEI225(日経平均)、DJIA(ダウ平均)、SPX500(S&P500)、GER30(DAX)など
エネルギーCFD5銘柄UKOIL(原油)、NGAS(天然ガス)など
コモディティCFD8銘柄SUGAR(砂糖)、SOYBEAN(大豆)、COFFEE(コーヒー)、WHEAT(小麦)など
仮想通貨CFD31銘柄BTC/USD(ビットコイン)、ETH/USD(イーサリアム)、XRP/USD(リップル)など

取引可能な通貨ペアは50種類以上であり、主要通貨ペアだけでなく、マイナー通貨ペアやエキゾチック通貨ペアも含まれます。

これにより、特定の通貨ペアに依存することなく、より多様な取引戦略を立てることができます。

さらに、通貨ペアの取引に加えて、XMのスタンダード口座ではCFD取引も可能です。

CFD取引を利用すると、株式、貴金属(金・銀)、原油などの商品に投資することができます。

多様な投資オプションを提供することで、XMはお客様のニーズに合わせた最適な投資戦略を提供します。

4. XMスタンダード口座におけるスプレッドの低さ

XMのスタンダード口座の一番の特徴は、スプレッドが低いことです。

スプレッドとは、買値と売値の差のことで、トレーダーが取引を行う際に重要な要素です。スプレッドが低いほど、取引コストが抑えられるため、利益を上げやすくなります。

さらに、XMのスタンダード口座は、スキャルピングやヘッジ取引にも対応しています。スキャルピングとは、数分から数十分程度の短期間で利益を上げる取引方法であり、ヘッジ取引とは、リスクヘッジのために逆方向に取引をする方法です。

これらの取引方法に対応していることで、トレーダーは自分に合った取引方法を選びやすくなります。

主要通貨ペアのスプレッド

主要通貨ペアのスプレッドは、通常1.0pip~2.0pip程度です。

これは、FX取引において最も一般的に使われる通貨ペアに適用されるものであり、低い方からユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、米ドル/円、ユーロ/円などが挙げられます。

スプレッドが低いことは、取引コストを抑えるために重要ですが、トレーダーにとっては、スプレッドの範囲が広いことも重要なポイントです。

スプレッドの幅が狭いということは、一般的に約定がスムーズに行われることを意味しますが、その一方で、取引が不安定になる可能性があることも覚えておいていただきたいと思います。

マイナー通貨ペアのスプレッド

XMのスタンダード口座では、取引ペアがマイナーであろうとも、比較的低いスプレッドが維持されています。

例えば、NZD/CHFやCAD/JPYなどの通貨ペアでも、同様の取引環境が提供されます。

つまり、より多くの取引ペアで取引を行うことができ、ポートフォリオを多様化することが可能というわけです。

また、低いスプレッドは、取引コストを抑えることができるため、魅力的な取引環境となります。

5. XMスタンダード口座の無料のデモ口座

デモ口座とは、FXのトレードの練習ができる口座です。

XMのリアル口座を開設していなくてもデモ口座を開設することにより、自己資金をかけることなく、好きなだけトレードの練習ができます。

資金がなくなってしまっても、XMのサポートに連絡すれば、さらに架空の資金を追加してくださいます。

実際の取引に比べてストレスも少なく、自分のペースで取引することができますので、FXを始めて行う初心者の方にもおすすめです。

デモ口座で十分に練習して、自信を持てるようになったら、実際の取引に挑戦してください。

そうすれば、より高度な取引もできるようになるでしょう。

6. XMスタンダード口座のデモ口座の活用法

デモ口座は、FXの取引方法やXMの取引環境に慣れるための貴重なトレーニングツールです。

まずデモ口座を開設し、各種取引ツールを試してみましょう。

デモ口座では自分のお金を使うことなく取引の練習ができるため、自由にトレードを行い、自分に合ったルールや戦略を見つけることができます。

リアルマネーではやりにくい取引手法でも、デモ口座だとリスクがないので、新しい手法もどんどん試していってみてください。

いきなりトレードするのが不安って方は「XMのデモ口座で無料取引を体験してみる!FX初心者でもリスクゼロで開始」で詳しく解説していますので、ぜひデモ口座を開設して取引の練習をしてみてください。

7. 自動売買ツールを活用する

デモ口座で練習してもまだ取引に自信がないよって方は、 自動売買ツールを使ってみてはいかがでしょうか?

この自動売買ツールは、決められた取引ルールに従って自動でFX取引をしてくれるFX手法のことをいいます。

自動売買ツールが使えるのもスタンダード口座の魅力です。スタンダード口座のボーナスを使い取引するとノーリスクで取引することができます。

もし自動売買が気になる方は、関連記事「XMのEA(自動売買)設定方法をMT4で解説!おすすめの無料EA3選!」で紹介していますので、自動売買ツールを使いながらエントリーのポイントなどを学んでみてください。

XMのスタンダード口座のスプレッドについて

取引を行うときに大切なことは、コストを知ることです。

正しいコストを知っていれば、損失を最小限に抑えることができます。

そこで、以下の3点を抑えて解説していきます。

  1. スタンダード口座のスプレッド
  2. XMスタンダード口座のスプレッドの仕組み
  3. 他社との比較

手数料や取引コストの特性を把握し、適切な取引を行いましょう。

①スタンダード口座のスプレッド

XMのスタンダード口座では、取引手数料がかからず、スプレッドのみが取引コストとなります。スプレッドは、買値と売値の差のことであり、トレーダーが取引を行う際に重要な要素です。

XMでは、スプレッドが業界内でもかなり低く、トレーダーが取引コストを抑えることができます。

特に、大量の取引を行う場合は、取引手数料がかからないスタンダード口座が非常に魅力的です。

また、XMでは、スプレッドの変動が少なく、安定した取引環境を提供しています。

さらに、XMの口座には、多数の通貨ペアやCFDなど、様々な取引商品があり、トレーダーが自分に適した取引を行うことができます。

つまりXMは、トレーダーにとって非常に魅力的な取引環境を提供しているため、口座開設を検討する価値があるのです。

②XMスタンダード口座のスプレッドの仕組み

スプレッドは、FXトレーダーが取引を行う際に必ず発生するコストです。

スプレッドは、売値と買値の差であり、買値が売値よりも高い場合はプラスのスプレッドが発生しますが、売値が買値よりも高い場合はマイナスのスプレッドが発生します。

これは、取引が行われる際に、FXブローカーが手数料を取るためです。

ただ、スプレッドが低い場合、取引コストが抑えられることは間違いありません。

しかし、スプレッドが高い場合でも、利益を上げる方法はあります。

例えば、リスクマネジメント戦略を適用することで、損失を最小限に抑えることができます。

また、トレードにおいては、価格の変動に対して敏感になることも重要です。

経済指標や政治イベント、またはその他の要因が市場にどのような影響を与えるかを正確に予測することができるようになれば、利益を上げることができるでしょう。

他社との比較

ここまでXMスタンダード口座の魅力を紹介してきましたが、ひとつのツール内だけ見ても、具体的な良さは分かりにくいものです。

そこで、他者の1FXサイトから見たXMスタンダード口座の良さを紹介していきます。

他社のスプレッド事情

XMのスプレッドは他社のFXブローカーよりもかなり低い水準であるため、XMのスタンダード口座は、取引コストを抑えたいトレーダーにとって魅力的な選択肢となっています。

他者と比較すると、スプレッド数はどれくらい違うの?

という疑問お答えすべく、XMスタンダード口座の競合他社となる「TitanFX」「AXIORY」「iFOREX」のスプレッド数を比較しました。

FX通貨ペアXMTitanFXAxioryiFOREX
USD/JPY1.61.331.51.8
EUR/JPY2.61.741.71.8
GBP/JPY3.52.452.75.0
AUD/JPY3.02.122.15.0
EUR/USD1.61.201.31.8
GBP/USD2.31.571.93.0
AUD/USD1.81.522.13.0
※単位はpips(ピップス)→通貨ペアの値幅を表す共通単位

この表だけ見ると、最もスプレッド数の低いTitanFXがいいように思えます。

しかし、TitanFXには「ボーナス」がありません。この点において、XMやiFOREXに軍配が上がります。

さらに、XMは世界中のトレーダーに人気があり、多数の取引量を処理しています。

このため、高い流動性があることも知られています。相場は常に変動しているため、たとえ少しの間であっても、レートが動いてしまいます。

つまり、XMの取引は変動しやすいため、注文発注時に示されているレートと、実際に決まったレートに「ズレ」が発生するのです。

XMは、MT4およびMT5のプラットフォームをサポートしており、注文した価格から約定するまでのズレを、一定範囲で許容することができます。

これで、範囲外の約定は、未然に防ぐことができるのです。こういった点も、XMスタンダード口座の魅力といえましょう。

XMの競争力

XMのスプレッドは、多くのトレーダーに支持されています。それは、取引頻度が高いトレーダーやスキャルピング取引を行うトレーダーにとって非常に有利であることが理由です。

スプレッドが低いことで、これらのトレーダーはより多くの取引を行い、より多くの収益を上げることができます。

加えて、XMはそのスプレッドに加え、多くの特典を提供しています。

例えば、取引に必要な最低額が非常に低く設定されていること、さらには顧客サポートが24時間体制で行われていることなどです。

これらの特典は、トレーダーがXMを選ぶ理由の一つとなっています。

もし、XMがまだ使ったことがない場合は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

\ 海外FX最大手で安心 /

XMのスタンダード口座のロット数について

「ロット」という単位をご存じでしょうか?これは、取引の量を表す言葉です。

ドルや円はよく耳にしますが、初心者はこのロットに慣れる必要があります。そして、取引量には上限、下限があります。

以下2つの項目で説明していますので、是非ご覧ください。

  1. XMスタンダード口座の最小取引単位
  2. XMスタンダード口座の最大取引単位

桁を間違えると痛い目にあいますので、ここでしっかり押さえておきましょう。

①XMスタンダード口座の最小取引単位

XMのスタンダード口座では、最小取引単位が0.01ロットから始められます。

つまり、スタンダード口座では、0.01ロット以下ではエントリーすることができないというわけなのです。

ですので、初めに投入する資金を決めて、1回あたりの取引額を最大でどれくらいにするかを決め取引する必要があります。

ロット数通貨単位
0.01ロット1,000通貨
0.1ロット10,000通貨
1ロット100,000通貨

②XMスタンダード口座の最大取引単位

XMスタンダード口座の最大取引単位は、通貨ペアによって異なりますが、、最大50ロットまでに制限されています。

海外FX初心者の方でも取り組みやすいと言えます。

ただし、大口取引をしたい方にとっては制限があるため不向きな口座です。

XMスタンダード口座は、初心者や小口取引をしたい方に向けた口座であり、安定したトレードを行いたい方におすすめです。

XMの取引ツール

XMでは「MT4(メタトレーダー4)」「MT5(メタトレーダー5)」と呼ばれるプラットフォームを提供しています。

様々な機能があるのですが、1つのプラットフォームですべての銘柄が取引できる素晴らしいツールなのです。

何が凄いのかを知っておくことで、あなたの取引環境が質の高いものとなります。

2つのツールについて、

  • MetaTrader 4
  • MT4の機能と利点
  • MetaTrader 5
  • MT5の機能と利点

という順で紹介していきますので、あなたが使いやすいプラットフォームを選んでみてください。

MetaTrader 4

MetaTrader 4は、FXトレーダーにとって非常に「使いやすい」という声が多いプラットフォームです。

MT4は、多数の取引ツールやチャート、テクニカル指標を備えており海外FX業者を中心に広く採用されています。

また、EA(自動売買)やカスタムインディケーターの開発も可能であり、トレーダーのニーズに合わせたカスタマイズができるので、トレード初心者からプロトレーダーまで幅広い層に愛用されています。

MT4の自動売買についてさらに詳しく知りたい方は、関連記事「XMのEA(自動売買)設定方法をMT4で解説!おすすめの無料EA3選!」にて詳しく解説しています。

すぐにできる設置できるので、自動売買を使って取引してみたい方はぜひ参考にしてみてください!

MT4の機能と利点

MT4は、多機能なチャートツールや豊富なインジケーターが搭載されており、トレーダーが取引戦略を構築し、分析するための強力なツールです。

MT4を使うメリットは以下の5つです。

MT4を使う5つのメリット
  • 50種類以上のインジケーターを使える
  • チャート上から素早く注文できる
  • 誰でも無料で使うことができる
  • 自動売買EA)を使って自動で取引ができる
  • 自動売買(EA)のバックテストができる

さらに、MT4は、リアルタイムでのニュースの配信や、多言語対応など、快適なトレード環境を提供します。

MT4のよくある質問

MT4の特徴はなんですか?

チャートやテクニカル分析ツール、自動売買機能など、豊富な機能が備わっています。また、多言語対応や多くのブローカーで利用可能なことも特徴の一つです。

MT4を使うためにはどうすればいいですか?

MT4を利用するには、まず取引口座を開設し、ブローカーから提供されるMT4のダウンロードリンクをクリックしてプラットフォームをインストールする必要があります。(XMの公式サイトはこちらから

MT4で自動売買(EA)をするにはどうすればいいですか?

既存の自動売買(EA)をダウンロードして利用することができます。当サイトでは、限定オリジナル自動売買(EA)を期間限定で無料配布しております。もし、自動売買(EA)を使いたい方がいらっしゃいましたら、公式LINEよりお問い合わせください。公式LINEにて自動売買(EA)の配布を行っております。

MT4はどのような取引スタイルに適していますか?

MT4は「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「ポジショントレード」など、様々なトレードスタイルに対応することができます。手動取引から自動売買まで、幅広いニーズに対応しております。

MT4はMacでも使えますか?

MT4を使うことはできます。MT4は、PCが起動している間しか取引を行うことができません。つまり、PCを一日中稼働させ続ける必要があります。FX専用VPSを使えば、すべてクラウド上で実行されるため、急なPCのシャットダウンや停電などの問題が起きても、MT4が止まる心配はありません。そのため、24時間365日、安定したFX取引が可能です。(VPSを使ってみる

MetaTrader 5

MetaTrader 5(MT5)は、MT4がMT5に進化したものになります。

MT5は、動作スピードが早かったり、より高度なチャート分析機能を備えており、トレーダーが市場動向をより正確に予測することができます。

また、MT5は、豊富なテクニカルインジケーターやカスタムインジケーターの追加が可能で、トレーダーが自分に合った取引戦略を構築できるようになっています。

MT5も、自動売買(EA)にも対応しておりますが、MT5用の自動売買(EA)の種類は少ないです。

MT5の機能と利点

MT5は、MT4に比べて多くのインディケーターやチャートツールが搭載されており、トレーダーにとって非常に便利なプラットフォームです。

このプラットフォームは、高度な分析を行うことができ、トレーダーにとって重要な情報を提供します。

例えば、MT5は、新しい注文タイプを追加しており、より柔軟な取引が可能になっています。

これにより、トレーダーは、より効率的に取引を行うことができ、より多くの利益を上げることができます。

さらに、MT5は、新しいテクニカル指標を追加しており、より正確な予測を行うことができます。

トレーダーがMT5を活用することで、市場の変動にスムーズに対応し、安定的かつ効率的なトレードを実現することができます。

MT5のよくある質問

MT5を使いたいんですがどうしたらいいですか?

まずは、XMの公式サイトより口座の開設をお願いいたします。口座開設ができましたらプラットフォームをダウンロードしましょう。(ダウンロードはこちらから

MT5の取引時間はどのようになっていますか?

MT5では原則として24時間取引が可能で、祝日を除いた通常の取引時間においても一部の通貨ペアやCFD商品には取引時間が設定されているため、トレーダーは銘柄ごとに取引可能な時間を確認する必要があります。また、メンテナンス時間中は取引ができないため、注意が必要です。

MT5はどのようなデバイスで使用できますか?

MT5は、Windows、Mac、iOS、Android、タブレッなど、様々なデバイスに対応しています。

MT5で自動売買(EA)は使えますか?

使えますが、MT5では自動売買(EA)の種類もあまり多くありません。無料有料問わずMT4の方が自動売買(EA)の種類は多くなります。もし、自動売買(EA)を重視に取引されるのであれば、MT4を使われた方が良いでしょう。MT4の自動売買(EA)は豊富です。

MT5で最低取引単位はいくらからですか?

通貨ペアにより異なる場合がございますが、10,000通貨からです。

まとめ

XMのスタンダード口座は、低いスプレッド、ロット数の柔軟性、豊富な通貨ペアとCFD取引、そして無料のデモ口座など、多くのメリットがあります。

これにより、初心者から上級者まで、幅広いトレーダーが自分に合った取引環境を利用することができます。

また、取引ツールとしてMT4とMT5が利用できるため、トレーダーは自分の好みに合ったツールを選択して取引を行うことができます。

XMのスタンダード口座は、取引コストを抑えたいトレーダーや、スキャルピング取引を行いたいトレーダーにとって特に魅力的な選択肢です。

さらに、デモ口座を利用してFX取引の基本を学ぶことができるため、初心者にもおすすめの口座です。

このように、XMのスタンダード口座は、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応した取引環境が整っており、多くのトレーダーに支持されている理由が理解できるでしょう。

自分に合った取引環境を求めているトレーダーは、ぜひXMのスタンダード口座を検討してみてください。

\今すぐボーナス13,000円GET/

LINE登録でFX自動売買システム配布中です

【お友だち登録のお礼として3つの特典をプレゼントします】

・完全放置OK!安定的に稼ぐFX自動売買システム
・自動売買システム設置マニュアル
・月収200万円を稼ぐ取引手法

友だち追加
LINE登録後はお好きなスタンプを送ってください。

確認次第ご連絡をいたします。

有料の自動売買システムを買う前に、無料で試してみてください。無料でもバカにできない利益が出ております。

2023年4月の運用実績はコチラ⇩

今すぐ参加して10,000円GET!お得なキャッシュバックキャンペーン開催中!

この記事をレビュー投稿する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次