【2023最新】MT4とMT5の3つの差について|MT4とMT5はどちらがおすすめ?

アイキャッチ画像

「MT4とMT5の機能はどう違うの?」
「MT4とMT5はどちらがおすすめなの?」
「新しいMT5を使えばいいですかね?」

MT4とMT5はどちらを使えばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

XMのトレードプラットフォームにはMT4とMT5の2種類があります。MT4とMT5はチャートの分析もしやすく、MT4とMT5目当てでXMの口座開設をしたという方も中にはいらっしゃいます。

そこでこの記事では

  • MT4とMT5の主な差
  • MT4がおすすめのトレーダーの条件
  • MT5がおすすめのトレーダーの条件

ついて基本から詳しくお話します。MT4とMT5のどちらを選ぶかによってトレード環境が大きく変わりますので、それぞれの特徴を把握してから慎重に選ぶことをおすすめします。MT4とMT5どちらを使うか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

XMにおけるMT4とMT5の差3つ

XMにおけるMT4とMT5の主な差は以下の3つです。

  1. MT5の方が動作はサクサク動く
  2. MT5は時間足の種類数が多い
  3. MT4はカスタムインディケーターとEAの種類が多い

まずは、MT4とMT5の主な差を見ていきましょう。

MT5の方が動作はサクサク動く

MT4とMT5を比べると動作はMT5の方がサクサク動きます。

MT4は15年以上前に登場したものですから、その進化バージョンであるMT5の方が軽快であるのは当然です。また、ハイスペックなパソコンでMT4を使ったところで、MT5以上に動作が早くなることはありません。

ただ、スマートフォンを使ってXMでトレードする場合ですが、スマホ版MT4には基本的な機能しか搭載されていませんから、スムーズに動作してくれる可能性が高いです(ただしできればパソコンでもトレードできる環境を整えることをおすすめします)。

ですがMT4とMT5の動作スピードが劇的に違うかというと、そんなことはありません。

これまでMT5を使っていた人がMT4に切り替えると少し驚くかもしれませんが、それでも「ノロノロしていてストレスが溜まる」というレベルではありません。

MT5は時間足の種類数が多い

MT4とMT5とでは、時間足の種類数も異なります。

MT4には9タイプの時間足がありますが、MT5にはそれを上回る21タイプの時間足が用意されています。また、「MT4にあったのに、MT5で廃止された時間足」もありませんから単純に上位版と言えます。

ただ、時間足は「とにかく色々なものを使えばいい」というわけではありませんから、特別な理由がない限りは一般的なものを使用することをおすすめします。

たとえば「2時間足」や「6分足」などのマニアックなものを使っても、XMでの取引がしにくくなるだけです。

一応MT5の時間足を全て挙げておきましょう。分足は1,2,3,4,5,6,10,12,15,20,30分足。時間足は1,2,3,4,6,8,12時間足。そして日足、週足、月足となっています。

MT4はカスタムインディケーターとEAの種類が多い

MT4とMT5には「カスタムインディケーター」と呼ばれる個人や法人が制作した、独自のテクニカル指標を反映させるインディケーターを取り入れることが可能です。

そして、このカスタムインディケーターの種類数は「MT4>MT5」となっています。

また、MT4とMT5には「EA」という自動売買システムを導入することが可能であり、このEAについても種類数は「MT4>MT5」です。

そのためXMでカスタムインディケーターやEAをどんどん使いたい人にはMT4をおすすめします。

これから時代が進んでいけば、「MT5向けのカスタムインディケーター・EA(自動売買プログラム)」も増えていくと思いますが、現状のFX業界はまだそのような状況になっていません。

ただ、一昔前の「そもそもMT5に対応しているFX業者そのものが少ない」という状況に比べれば、今ではMT5を利用できるFX業者もかなり多くなっています。そのため、この先もずっとMT4全盛ということはないと思います。

XMでMT4がおすすめの人は?

MT4を使い慣れている人は、無理にMT5に切り換える必要はありません(MT4とMT5に劇的な差があるわけではないからです)。そして以下に該当する方には、特にMT4をおすすめします。

自動売買しかしない人・カスタムインディケーターを多く使いたい人

まず、XMで自動売買しかしないのであれば、あえてMT5を使う必要はありません。と言いますかMT5はEAの種類が少ないですから、自動売買メインのトレーダーは満足できない可能性もあります。

また、先ほどもお伝えした通り、カスタムインディケーターも積極的に使いたいトレーダーにもMT4をおすすめします。

一応「MT4用のカスタムインディケーターを、MT5用に書き換える」ということもできないわけではありませんが、専門知識がなければほぼ不可能です。

念のため詳しく説明しますが、MT4とMT5では使っているプログラム言語が異なります。そのためMT4で稼働しているカスタムインディケーターやEAを、MT5でも使うのであればプログラムを書き直さなければならないのです。

XMでMT5がおすすめの人は?

それではXMでMT5がおすすめの人の条件を3つ紹介します。

基本的に「あえてMT4を使う理由がない人」については、MT5を選ぶのが無難と言えます(XM以外でFXトレードをする場合でも同じです)。

  1. これからメタトレーダーを使い始める人
  2. 裁量トレードメインの人
  3. XMのアプリを使いたい人・MACユーザー

これからメタトレーダーを使い始める人

「これからメタトレーダーを使い始める人=これまでMT4も使ったことがない人」は、あえてMT4を選ぶ意味がありませんから、MT5を使いましょう。

MT4とMT5の開発側も明らかにMT5の普及に注力しています。

実際、MT5は比較的頻繁にアップデートされており、常に最適な環境で使用することができますから、「FXトレードそのものをこれからスタートする」という人にもおすすめと言えます(その一方でMT4のアップデートはもうほとんど行われていません)。

ちなみに、一時期は「それなりのスペックのパソコンでないとMT5は動きにくい」とされていましたし、それもあながち間違いではありませんでした。ですが現在のパソコンであれば心配する必要はありません。極端に環境が悪くない限り、サクサク動きます。

裁量トレードメインの人

先ほどもお伝えした通り「MT5向けのEA」は少ないですが、裁量トレード(自力で行うトレード)がメインなのであればデメリットにはなりません。また、MT5にもある程度オシレーター・インディケーターがデフォルトで入っていますし、使いやすいはずです。

さらにMT5になって時間足の種類がかなり増えましたし、MT4ではできなかった(しにくかった)ような分析もできるかもしれません(ただしスマートフォン版のMT4とMT5の時間足は同じですから気を付けてください)。

また、MT4とMT5であればMT5の方がサクサク動きますから、スキャルピングトレード(数秒~数分単位で完結するトレードのこと)などの超短期取引をしたいトレーダーにもおすすめと言えます。

XMのアプリを使いたい人・MACユーザー

XMのスマートフォンアプリはMT5にしか対応していません(これからあえてMT4にも対応するとは考えにくいです)。

スマートフォンを使ってスキマ時間で簡単にトレードできますから、普段パソコンで取引している人も用意しておくといいかもしれません。

ちなみにXMのスマートフォンアプリはGoogleストアやAppleストアなどでダウンロードできます(他にもダウンロードできるルートがあるかもしれません)。他の一般的なアプリと同じく簡単にダウンロード可能ですからご安心ください。

また、MACではMT4が正常に動作しない可能性がありますから、MACユーザーの皆さんにもMT5をおすすめします。

一応XMも「MAC対応MT4」を用意してはいますが、できれば「MAC対応MT5」を使いたいところです。

まとめ

ここまでXMにおけるMT4とMT5の違い、MT4がおすすめの人、MT5がおすすめの人などについて解説しました。基本的に「MT4を使うべき特別な理由」がないのであれば、MT5を選ぶことをおすすめします。

MT5はMT4の上位バージョンですから、今からあえてMT4を選択する意味はありません。ただ「自動売買をしたい」「カスタムインディケーターをどんどん使いたい」という方にはMT4を推奨します。

なお、XMで自動売買をしてみたい方は「【最短で】XMのエターナルシステムを導入して稼ぐ!XMの口座開設~VPS設置方法」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!