XMにおける自動売買システムのメリット・デメリット|導入方法や選び方

アイキャッチ画像

「FXの自動売買って儲かるの?」
「FXの自動売買ツールが多すぎてどれを選んだいいのかわからない」
「ほったらかしで稼げるって本当?」

特に時間がない社会人の方は、自動売買のツールを使ってみたいと検討している方も多いのではないでしょうか?

ここではXMにおける自動売買システムのメリット・デメリット、注意点、自動売買システムの選び方や導入方法などについて解説していきます。さっそくXMの自動売買の概要から紹介しましょう。

XMの自動売買の概要

自動売買システム(EA)をMT4・MT5に取り入れることで、その自動売買システムの取引ルールに沿って自動的にトレードが行われます。

自動売買ですから勝手に取引してくれますし、四六時中チャートをチェックする必要はありません。

また、たとえ無料のものであっても優れた自動売買システムは少なくなく、一度軌道に乗れば継続的・安定的にFXトレードで利益を出し続けることができるかもしれません。そのため副業などとしても、FXの自動売買には人気があります。

ちなみにEAとは「エキスパート・アドバイザー(Expert Adviser)」の略です。「自動売買」という言葉から「オートトレードシステム」などの言い方を連想するかもしれませんが、それは一般的な表現ではありません。

XMの自動売買のメリット

忙しい社会人の方でもXMの自動売買であれば稼げる可能性があります。トレードプラットフォームであるMT4・MT5に取り入れて稼働させれば、自動売買システムが自動的にエントリーやクローズを行ってくれるからです。

また、自動売買システムが勝手に取引をしてくれますから、チャート分析などの専門的な知識がなくても利益を出せるかもしれません(ただし自分でもノウハウを持っているに越したことはありません)。

そして自動売買であれば感情の影響を受けずにトレードできます。

多くのトレーダーはメンタルに左右された上で取引をしており、「次は勝てるかも」「負けるからやめた方がいい」など無根拠に立ち回る場合があります。

しかし自動売買であればそれはありません。

XMの自動売買のデメリット・注意点

続いてはXMにおける自動売買のデメリットと注意点を挙げていきます。

想定外の変動には対応しにくい

XMで使う場合に限りませんが、自動売買システムの欠点の一つに「想定外の動きに弱い」ということがあります。例えば「米国雇用統計」や要人のコメントなどの影響で激しく変動した場合、対応し切れなくなるかもしれません。

自動売買は「事前に設定したいくつかのパターン」をベースにトレードしているだけであり、パターン外の変動があれば、損失が出てしまってもおかしくないのです。

今のところ「どのような変動にも完璧に対応する自動売買システム」は存在しません。

ですから重要な指標が発表される前や、米国大統領選挙前などの大きなイベントがある前後では、自動売買システムをオフにしておくのが無難と言えます(オフにする判断は基本的に自分でしなければなりません)。

優れた自動売買システムを見つけ出すのは簡単ではない

XMの自動売買のデメリットとして「優れた自動売買システムを見つけ出すのは簡単ではない」ということがあります。

多種多様な自動売買システムが存在しており、その中には質が非常に低いものもたくさんあります(中には詐欺まがいのものもあります)。

ですから自動売買システムを探すときには、絶対に「これまでの成績をチェックできるもの」に絞るようにしてください。「優れたEAであると言い張っているだけで、具体的なデータはない」という場合は論外です。

さらにどれほど優秀な自動売買システムであっても、月日が経つにつれて稼ぎにくくなっていく可能性もあります(相場が変化していくためです)。そのため基本的に「このEAさえあれば一生利益を出せる」ということはないと考えておくのが無難と言えます。

Right Caption
中には、最初はぼろ儲けできたけど、途中から全く稼げなくなってしまったという話もあります。

XMにおける自動売買システムの設定手順

それではXMでの自動売買システムの設定方法を見ていきましょう。

まずはXMのMT4をインストールする

XMの口座開設などの基本的な準備を済ませたら、XMのMT4のインストールを行います。XMの公式サイトからMT4のダウンロードをしたら、「ファイル」タブから「データフォルダを開く」を選択します。

「MQL4」の「Expert」という名前のフォルダを開いて、XMで使いたい自動売買システム(EA)をMT4に導入してください。

使いたい自動売買システムを、MT4にドラッグアンドドロップすればOKです。

ドラッグアンドドロップができたら、MT4を再起動して「表示」→「ナビゲーター」で表示させます。

※パソコンや環境によっては多少流れが変わるかもしれませんが、大まかな手順は一緒です。

XMで自動売買システムをオンにする

自動売買をクリックすることによって、自動売買システムをオンにすることが可能です。稼働した際、その自動売買システムに合ったチャートを出してください。

自動売買システムによっては「対応通貨ペア・対応時間足」が決まっている場合もあります。

正常に自動売買システムをオンにすることができると、チャートの右上にある「笑顔マーク」が笑います。「笑顔マーク」が笑わないのであれば、どこかでミスをして稼働できていないと判断できるので、ここまでの流れを一通り見直してみてください。

これでXMでの自動売買がスタートしました。当然ですがリアルマネーが動きますから、資金管理などをきちんと行ってください。自動売買であっても、油断していれば大きな損失が出ます。

XMにおける自動売買システムの選び方

それでは自動売買システムを選ぶときのポイントを挙げていきます。

過去の成績をチェックする

GEMTRADEというEAの無料ツールで、自動売買システムの成績をチェックできます。

特に重要な判断材料は「PF(プロフィットファクター)」「最大ドローダウン」「稼働期間」「取引回数」です。

「PF=トータルの利益÷トータルの損失」であり、PFが1.5~2.5くらいのEAを選びたいところです。「最大ドローダウン=特定期間における最悪の累計損益」のことであり、この最大ドローダウンについては10%以下のものをおすすめします。

そして「稼働期間が極端に短い」もしくは「取引回数が少なすぎる」と、PFや最大ドローダウンの数値が偶然よくなる可能性があります。ですから目安として「稼働期間:最低半年以上」「取引回数:最低100回以上」の自動売買システムを選びましょう。

フォワードテストの有無&そもそもXMに適した自動売買システムか

「バックテスト」も重要ですが、あくまで「以前の相場に当てはめたケースにおける運用成績」ですからバックテストだけで判断するのは好ましくありません。「フォワードテスト」もチェックして、リアルタイムで成果を出しているのか確認しましょう。

また、優れた自動売買システムであっても、そもそも「XMにおけるトレードで使うことを想定していない」という可能性もあります。

このような自動売買システムを使用すれば、当然負けやすくなりますから気を付けてください。

ただ、XMはメジャーなFX業者ですから、「XMで使うことも想定している自動売買システム」はたくさんあります。ですから特にXMをメインにしている場合は、自動売買システムが見つからなくて困るということはまずないはずです。

まとめ

ここまでXMにおける自動売買システムのメリット・デメリットや注意点、自動売買システムの選び方や導入方法などについて解説しました。忙しい社会人の方でも取引ができる自動売買(EA)。

うまくいけばほったらかしで、XMで安定して稼ぐことができるようになるかもしれません。

XM専用の自動売買取引について「【最短で】XMのエターナルシステムを導入して稼ぐ!XMの口座開設~VPS設置方法」で詳しく紹介していますので、自動売買取引に興味がある方は、無料で使える自動売買取引を試してみてはいかがでしょうか。

海外fx業界人気NO.1
おすすめはここだけ!!